ステーションのメンバーを紹介します

山﨑 恵理子【管理者・看護師】

初めまして、管理者・看護師の山崎 恵理子です。

私は大学病院で産婦人科、小児外科、呼吸器内科、消化器内科の病棟勤務後、老人保健施設での勤務を経験して参りました。

そこで訪問看護に興味を持ったきっかけは、入院中の患者様や家族の“思い”でした。孫に会いたい、愛犬に会いたい、愛する人ともっと一緒の時間を過ごしたい。勤務しているとそのような切実な思いに触れることが多く、訪問看護はそのような思いを叶えることができるのではないかと思いました。

医療が必要な状態でご自宅に帰るということは患者様もご家族も不安なことが多いと思います。どんな些細なことでもご気軽にご相談していただければと思います。

また管理者として働く方々が働きやすい職場を目指したいと思います。

働きやすい職場とは何か、どんな環境で働きたいかを全員で考えて、全員で作り上げていくような訪問看護ステーションにしていきたいです。みなさんで働けることを楽しみにしています!

中村 淳乃【看護師】

初めまして、看護師の中村 淳乃と申します。

山口県出身です。

これまで総合病院(循環器内科、血液・内分泌科、脳神経外科、整形外科、泌尿器科等)、療養型病院、老人保健施設、訪問看護、訪問入浴等で働いてきました。

住み慣れた我が家でいつまでも生活したいと切望される多くの方々のお手伝いをしたいと思い、訪問看護への道を選びました。

その方一人一人の状態や症状に合ったケアやアドバイスを提供させていただきたいと思います。

皆様に信頼されるように、一人一人に寄り添い、安心して頂けるようなハレ訪問看護リハビリステーションにしていきますので、よろしくお願いいたします。

インタビュー記事はこちらからご覧いただけます

高橋 碧【看護師】

初めまして、看護師の高橋 碧です。

兵庫県の加古川市出身です。私は、これまで総合病院(泌尿器科、神経内科、腎臓内科、一般内科)で病棟勤務を約10年、保健センター(介護保険係)で約2年勤務していました。

訪問看護には、在宅で療養されている方が、最期までその人らしく生活するためのお手伝いがしたいと思い入職しました。

在宅療養は、病院とは違い、ご家庭の状況でやり方も異なるため、一人ひとりに合った方法で適切なケアが提供できるよう心掛けたいです。

地域に皆様にとって頼れる存在でいられるよう、想いに寄り添って活動してまいりますので、よろしくお願いいたします。

インタビュー記事はこちらからご覧いただけます

板垣 駿【准看護師】

初めまして、看護師の板垣 駿です。

北海道の札幌市出身です。私はこれまで療養型病院にて約6年間病棟で勤務してきました。

現在高齢化社会が進んでいく中で、ご自宅での療養をご希望される方が多いことを病棟での勤務にて痛感致しました。訪問看護師ならばこれまで病棟にて培った経験を活かし尚且つ地域の方々の為により貢献できると考え入職しました。

利用者様それぞれのご希望に沿った看護を提供するだけでなく、利用者様・ご家族・訪問看護師の3人4脚で「なりたい自分」「理想とする生活」を目指せるようサポートさせて頂きたいと考えております。

お困りごとが御座いましたら是非ご相談ください!

インタビュー記事はこちらからご覧いただけます

前田 桃子【理学療法士】

こんにちは。理学療法士の前田桃子です。

今回オープニングの訪看なので楽しみつつ、利用者様のことを深く理解して希望を叶えていけるようなリハビリを目指しています。

訪問リハビリは生活の場に介入するため、実際行っている動きが良くなった場面ではやりがいがあります。

しかしその分リスクもあり、屋外歩行では、車の往来や道路の段差などまわりの状況にも注意を払いつつ、利用者様の動きをみるなど緊張感もあります。

また、体調の急変に遭遇することもあり、迅速な判断が求められる時もあります。

今までの経験を活かして、利用者様の健康状態に配慮しながら、生活スペースが家の中だけだった方は外へ出て季節を感じてもらうことや以前行っていた仕事や趣味などを今のお身体の状態に合わせ提案していこうと思います。

よろしくお願いします。

インタビュー記事はこちらからご覧いただけます

白井 龍一【理学療法士】

はじめまして理学療法士白井です。

千葉県出身です。これまで理学療法士として、急性期、回復期、生活期(デイケア)において主に脳卒中を発症された方々とリハビリを介して携わらせていただきました。

入院時のリハビリでは主に基本的な日常生活に必要な機能訓練や動作訓練を行います。しかし、実際には退院後の環境や生活リズム、役割や趣味に至るまで全く同じ生活を送られている方はおりません。

訪問リハビリでは生活場面で問題点や新しく行ってみたいことなどを実際の環境でチャレンジできることが最大の強みだと思います。

出来ないと思われていることは、動作や環境の工夫で可能性が見いだせることもあります。

実際の生活において身体機能面でお困りのことや、挑戦してみたいことをご一緒に検討し、より良い生活を送れるサポートができればと思います。

病院勤務での経験を活かし個別性のあるリハビリを提供できるよう心掛けていきます。よろしくお願いいたします。

大貫 克也【介護福祉士・事務等】

こんにちは。大貫 克也です。

神奈川県出身です。

お泊り型のデイサービスに介護職員として6年勤務し管理者になり介護福祉士を取得。その後はエリアマネージャーとしてデイサービスと障碍者グループホーム、そして新規に訪問看護の担当になりました。

御自宅で自分らしく暮らしていきたい方の心の支えになるような訪問看護にしていきたいと思います!!