住み慣れた場所で最期まで豊かに生活できるように


在宅で療養しながら生活する方々のお手伝いやご相談をお受けします。

個々人が住み慣れた場所で最期まで豊かに生活できるようご利用者・ご家族に寄り添い全力で支えてまいります。

<訪問看護とは>

訪問看護とは、病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等がご自宅等へ訪問し、療養上のお世話や診療の補助を行います。また、ご家族に対しての相談や支援も実施致します。

<サービス内容>

■健康状態の観察 など

全身状態の観察(熱、血圧、脈拍等の測定)、感染症の有無、健康や障害の状態などを観察して異常の早期発見を行い予防的支援を実施。また重症化を防ぐための支援を実施。

■治療上の看護、医療的処置(点滴、カテーテル、吸引、皮膚処置など)

■苦痛の緩和と看護(痛み、呼吸困難、発熱、不眠、倦怠等)

■リハビリ(理学療法士、作業療法士、看護師)

■精神的支援、家族の相談、介護指導

■住まいの療養環境の調整や地域の社会資源の活用

■精神障害や認知症状のある方の看護